ビジネスローンを事業資金融資に利用しよう

ビジネスローンを事業資金融資に利用しよう

ビジネスローンは事業資金の融資にのみ対応しているローン商品であるため、プライベートのショッピングなど事業に関連のない用途に利用することはできません。

 

したがって、事業資金の融資に利用するのであればビジネスローンを、事業資金以外の目的で融資してもらうのであればその他のローンを選びましょう。

 

では、ビジネスローンとその他のローンを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか?

 

ビジネスローンを事業資金融資に利用するメリットとあわせて説明していきたいと思いますので、ぜひチェックしていただければと思います。

 

無駄な融資を受けずに済む

無駄な融資を受けずに済む

上記にも記載していますように、他のローン商品と比較してビジネスローンは事業資金の融資のみに対応しているという特徴があります。

 

中には事業資金とプライベート用の資金をまとめて融資してもらいたいとお考えの方がいらっしゃるかもしれませんが、ついついプライベート用の資金を借りすぎてしまうと、事業資金の融資枠が狭くなってしまいかねません。

 

事業資金の融資額が狭くなるとせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうようなこともあるでしょう。

 

ビジネスローンは事業資金の融資にしか利用することができませんので、そのような心配がないという点は大きなメリットと考えられます。

 

事業資金とプライベートの資金を完全に分けることができる

事業資金とプライベートの資金を完全に分けることができる

事業資金とプライベート用の資金をまとめて融資してもらった場合、資金の管理が難しくなってしまいます。

 

事業資金として融資してもらうのであれば、当然帳簿につけなければなりませんし、プライベート用の資金融資を事業の帳簿につけることはできません。

 

したがって、事業資金の融資であればビジネスローンを、事業資金以外の融資であればその他のローンを、といったように使い分けすると良いでしょう。

 

まとまった事業資金を融資してもらえる

まとまった事業資金を融資してもらえる

他のローン商品と比較して、ビジネスローンにはまとまった事業資金を融資してもらえるというメリットがあります。

 

事業を営んでいくうえで、まとまった事業資金が必要となる場面には必ず遭遇します。

 

ビジネス拡大のための資金であったり、従業員への給与支払のための資金であったりと、数百万円もの事業資金が必要となることもあるでしょう。

 

ビジネスローンによっても異なりますが、ほとんどのビジネスローンは数百万円から1000万円程度の融資にも対応していますので、いざという時に大変便利です。

 

ビジネスローンはサポート体制がしっかりしている

ビジネスローンはサポート体制がしっかりしている

ビジネスローンと他のローン商品を比較する際にぜひチェックしていただきたいひとつが、サポート体制がしっかりできているか否かということです。

 

たとえば、期日までに返済できなくなった時や、一時的に返済金額を増額したい時など、サポート窓口があると直接相談することができますので、非常に安心感を得ることができます。

 

一方、サポート体制がないローンを利用した場合、すべてを自分自身で判断しなければなりません。

 

サポート体制を完備しているビジネスローンであれば、返済計画などさまざまなことに関する相談に乗ってもらうことができますので、大変おすすめです。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り上げているすべてのビジネスローン業者はサポート体制を完備しています。

 

ビジネスローンは総量規制の対象外

ビジネスローンは総量規制の対象外

総量規制という制度をご存知でしょうか。

 

総量規制とは、簡単に言ってしまえば年収の3分の1までの金額しか融資を受けられないように規制している制度のことです。

 

消費者が能力以上のお金を借り、返済できずに破産してしまうことを防止する、つまり消費者保護のために制定された制度となっていますが、多くのローン商品は総量規制の制度となっているため、年収の3分の1を上回る金額を借りることはできません。

 

たとえば、年収が300万円の方の場合、借りることのできる金額は100万円が上限になるというわけです。

 

これはひとつのローンだけでなく、すべてのローンを合計した借入金額となっていますので、A社から80万円を借りている場合、B社から借りられる上限額は20万円ということになります。

 

一方、個人や法人を対象として販売されているビジネスローンは、総量規制の対象外です。

 

つまり、年収の3分の1を上回る金額でも融資を受けることができますので、ビジネスのために十分な事業用資金を融資してもらうことができるでしょう。

 

ビジネスローンなら即日融資に対応してもらえる

ビジネスローンなら即日融資に対応してもらえる

他のローン商品と比較すると、ビジネスローンは即日融資に対応してもらえるという魅力があります。

 

事業を営んでいる方なら経験があるかもしれませんが、急にまとまった事業用資金を用意しなければならないこともあるのではないでしょうか。

 

即日融資に対応していないローン商品を利用している場合、そのような場面で困ってしまうでしょう。

 

一方、ビジネスローンなら融資を申し込みしたその日のうちに事業用資金を借りることができますので、急にまとまった事業用資金が必要な時でも安心です。

 

ビジネスローンを一枚持っておくと、ビジネスにおいて何かと役立ってくれるに違いありません。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り上げているすべてのビジネスローンはインターネットを通した事業用資金融資にも対応しています。

 

つまり、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末から事業用資金の融資を申し込みすることができますので、外出先でも気軽に利用することができるでしょう。

 

ビジネスローンなら担保・保証人が不要

ビジネスローンなら担保・保証人が不要

ローン商品によっては、担保や保証人を用意しなければならないものもあります。

 

一方、ビジネスローンなら土地や建物などの不動産担保を用意したり、保証人を立てたりする必要がありませんので、より気軽に事業用資金の融資を申し込みすることができるでしょう。

 

ただし、担保と保証人が不要なのは個人事業主が対象であり、法人としてビジネスローンと契約する際には法人の代表者が保証人とならなければなりません。

 

ビジネスローンのデメリットとは

他のローン商品と比較して金利が高め

他のローン商品と比較して金利が高め

事業用資金の融資に広く利用されているビジネスローンですが、自動車ローンや住宅ローンなどと比較して金利が少し高めというデメリットがあります。

 

金利が高いということは、その分毎月の利息金額が高くなってしまうことを意味しますので、事業を営んでいくうえで決して好ましいことではありません。

 

ただ、これは担保と保証人を原則不要で利用できることが要因となっています。

 

自動車ローンや住宅ローンなど他のローン商品の場合、担保もしくは保証人を用意しなければならない場合がありますので、ビジネスローンはより気軽に利用できるでしょう。

 

融資限度額が高くない

融資限度額が高くない

ビジネスローンのデメリットのひとつとして挙げられるのが、融資限度額が決して高くないということです。

 

多くのビジネスローンは融資限度額を500万円から1000万円に設定していますが、それでは足りないという事業主もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ビジネスローンを利用するのであれば、その点を踏まえたうえで申し込みしてください。

 

ちなみに、銀行系ビジネスローンは審査が厳しいと言われていますが、融資限度額を数千万円に設定しているものもあるため、よほど高額な資金が必要であれば銀行系ビジネスローンの利用も検討してみても良いかもしれません。

 

ビジネスローンの人気ランキング


一緒に読みたい記事

個人事業主向けローンとビジネスローンの融資を比べる
個人事業主向けローンとビジネスローンを比較した場合、融資対象に大きな違いがあります。個人事業主向けローンとビジネスローンを比較していますので、ご参考ください。
無担保・有担保ビジネスローンの融資の違いとは
無担保ビジネスローンと有担保ビジネスローンを比較すると、融資額をはじめ金利や審査時間などに違いがあります。
ビジネスローンの融資はスマホで比較できる
ビジネスローンの融資額を比較するにはスマホが大変便利です。融資額の比較以外にも、スマホからさまざまな手続きを行うことができます。