ビジネスローンのインターネット審査と店頭審査を比較

ビジネスローンのインターネット審査と店頭審査を比較

ビジネスローンの審査に申し込みするには、インターネットを通して申し込みする方法と、ビジネスローン業者の店頭まで直接足を運んで申し込みする方法があります。

 

インターネットと店頭どちらから申し込みしても審査内容に違いがあるわけではないため、それぞれのメリットとデメリットを比較し、利用しやすい審査申し込み方法を選択すると良いでしょう。

 

ここではビジネスローンの審査にインターネットから申し込みする方法と店頭で申し込みする方法を比較していますので、チェックしていただければと思います。

 

審査結果連絡までのスピードを比較

審査結果連絡までのスピードを比較

ビジネスローンの審査にインターネットから申し込みする方法と店頭で直接申し込みする方法を比較する際に、まず確認しておきたいのが審査結果連絡までのスピードです。

 

審査結果連絡までのスピードが早ければ早いほど契約手続きを早いタイミングで完了させることができますので、特に急ぎでビジネス用の資金を準備しなければならないケースでは審査結果までのスピードが重要になります。

 

ただ、インターネットからの審査申し込みと店頭からの審査申し込みでは結果連絡までのスピードに大差ないため、自宅やオフィスからでも簡単に申し込めるインターネットがおすすめです。

 

利便性の違いを比較

利便性の違いを比較

ビジネスローンの審査を店頭から申し込みするのと比較すると、利便性では圧倒的にインターネットからの審査申し込みのほうが高いと言えます。

 

店頭だと営業時間内に申し込みしなければならない一方で、インターネットなら365日24時間いつでも審査に申し込むことができますので、非常に利便性が高いです。

 

また、最近ではインターネット環境が充実してきているため、自宅やオフィスからはもちろん、外出先でも簡単に審査に申し込めるのも大きなメリットと言えるでしょう。

 

なお、ほとんどのビジネスローンはスマートフォンや携帯電話からの審査申し込みにも対応しています。

 

初回融資までのスピードを比較

初回融資までのスピードを比較

事業をスムーズに進めるにあたって重視したいのは、初回融資までのスピードです。

 

資金を急ぎで準備しなければならないケースでは特に初回融資までのスピードが重要であり、融資までのスピードが早ければ早いほど事業を円滑に進められる可能性が高まります

 

インターネットと店頭からの審査申込を比較した場合、初回融資までのスピードにそれほど大きな差はないと言えるかもしれません。

 

ただし、上記で説明したようにインターネットは365日24時間利用できますし、インターネットを通してすぐに口座に事業用資金を振り込みしてもらえるため、万が一の時には非常に便利です。

 

インターネット審査と店頭審査のメリット・デメリット

インターネット審査と店頭審査のメリット・デメリット

最近では多くのビジネスローンがインターネット審査に対応していますが、インターネット審査にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

以下でビジネスローンのインターネット審査におけるメリットとデメリットをお伝えしたいと思いますので、ぜひチェックしていただければと思います。

 

インターネット審査のメリット

365日24時間審査を受けることができる

365日24時間審査を受けることができる

インターネット審査のメリットは、365日24時間いつでも申し込みできるということではないでしょうか。

 

ビジネスローンの店頭審査の場合、当然ながら営業時間内に店頭を訪れなければなりません。

 

多くの事業主の方は日中を忙しく過ごしていらっしゃるでしょうし、営業時間内に店頭を訪れるのはなかなか難しいでしょう。

 

一方、インターネット審査であれば仕事が終わってからでも申し込みすることができますし、営業時間外の深夜でも申し込みできます。

 

つまり、ビジネスローンのインターネット審査は忙しい事業主の方にとって大変利便性が高いものと言えるかもしれません。

 

審査結果連絡まで長く待たされない

審査結果連絡まで長く待たされない

ビジネスローンのインターネット審査のメリットとして挙げたいのが、審査結果の連絡まで長く待たされないということです。

 

たとえば、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り扱っているオリックスVIPローンカード BUSINESSの審査時間は最短60分となっています。

 

一方、店頭審査だと数日から1週間程度かかるケースがほとんどですので、長い時間を待たされてしまうことになるでしょう。

 

また、審査結果の連絡まで待たされないということは、それだけ早く事業用資金を融資してもらえるということを意味しています。

 

そのため、できるだけ早く事業用資金を集めなければならないという事業主の方にとって、インターネット審査に対応しているビジネスローンは大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

スマートフォンからも申し込みできる

スマートフォンからも申し込みできる

上記でも説明していますように、インターネット審査であれば365日24時間申し込みすることができます。

 

もちろん、インターネットにつながっていれば、お持ちのスマートフォンからでもビジネスローンのインターネット審査に申し込みすることが可能です。

 

すでにお分かりの方もいらっしゃるでしょうが、スマートフォンであれば外出先からでもビジネスローンの審査に申し込みすることができますので、忙しい事業主の方にとって大変利便性が高い審査申し込み方法と言えるのではないでしょうか。

 

インターネット審査のデメリット
情報漏えいのリスクが付きまとう

情報漏えいのリスクが付きまとう

ビジネスローンのインターネット審査におけるデメリットとして挙げられるのが、個人情報の漏えいリスクです。

 

ご承知の通り、昨今ではインターネット上における個人情報の流出問題が大きく取り沙汰されています。

 

インターネットを利用する以上、個人情報漏えいのリスクは常に付きまとい続けることになりますので、ビジネスローンのインターネット審査に申し込みする際にもそのリスクがあるということを認識しておかなければなりません。

 

ただし、各ビジネスローン業者は通信を暗号化していますし、個人情報の管理を徹底しています。

 

店頭審査のメリット
プロのスタッフにその場で相談できる

プロのスタッフにその場で相談できる

ビジネスローンの店頭審査におけるメリットは、プロのスタッフにその場で相談できるということではないでしょうか。

 

インターネット審査の場合、ビジネスローン業者のスタッフと直接顔を合わせることはできません。

 

つまり、スタッフに相談するためにはこちら側からアクションを起こさなければならないのですが、店頭審査なら金融に詳しいスタッフがその場に居合わせていますので、返済計画などさまざまな相談をすることができます。

 

情報漏えいのリスクが低い

情報漏えいのリスクが低い

上記でも説明していますように、インターネットには常に情報漏えいのリスクがあります。

 

一方、店頭審査はインターネットを利用しませんので、個人情報の漏えいリスクをより抑えることができるでしょう。

 

ただし、情報管理を徹底しているビジネスローン業者を選ぶことが最大のポイントとなります。

 

その点、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り上げているビジネスローンはいずれも情報管理を徹底していますので、安心して利用することが可能です。

 

店頭審査のデメリット
営業時間内に訪れなければならない

営業時間内に訪れなければならない

ビジネスローンの店頭審査に申し込みするデメリットとして、営業時間内に店舗まで行かなければならないということが挙げられます。

 

ビジネスローン業者は深夜に営業していません。

 

また、営業日は基本的にカレンダーに沿っていますので、仕事をしている日中に店舗まで行かなければならないのです。

 

その点を比較して考えると、インターネット審査を提供しているビジネスローン業者のほうが利便性が高いと言わざるを得ないでしょう。


一緒に読みたい記事

ネット銀行のビジネスローン審査と比較
金融業者のビジネスローン審査とネット銀行のビジネスローン審査を比較し、どのような違いがあるのか分かりやすく説明しています。
銀行の事業者用ローンの審査と比べる
銀行のビジネスローンと金融業者のビジネスローン審査を比較し、それぞれのビジネスローン審査の違いについてまとめています。
ビジネスローンとフリーローンの審査の違いとは
ビジネスローンとフリーローンの審査を比較した場合、提出しなければならない書類に違いがあることが分かります。
ビジネスローンと消費者金融の審査を比較
ビジネスローンの審査と消費者金融が販売するビジネスローン以外のローンの審査を比較し、違いを説明しています。
ビジネスローンの審査は甘い?甘くない?
ビジネスローンの審査は他のローンの審査と比較して甘いと思われがちですが、条件を満たしていなければ審査で落とされてしまいます。