ビジネスローンの審査は甘い?

ビジネスローンの審査は甘い?

ビジネスローンの審査は甘いから、申し込みすれば誰でも融資を受けられる」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

他のローン商品の審査と比較すると、ビジネスローンの審査は比較的通りやすいとされているため、甘いと思われても仕方がないかもしれませんが、審査に申込みさえすれば誰でも融資してもらえるというわけではありません。

 

以下でビジネスローンの審査条件を他のローン商品の審査条件と比較していますので、ビジネスローンの審査が甘いと思っている方は必ず目を通していただければと思います。

 

ビジネスローンの審査の必要書類

ビジネスローンの審査の必要書類

ビジネスローンの審査で必要となる書類は、運転免許証などの本人確認書類、および事業計画書や決算書など会社の経営状況が記載されている書類です。

 

ビジネスローンの審査と比較して、個人消費者を対象に販売されているカードローンの審査は本人確認書類と源泉徴収票などの収入証明書類だけとなっていますので、カードローンの審査のほうが甘いと言えるかもしれません。

 

なお、事業計画書は会社の将来的な収益を予測するために欠かせない書類であり、事業計画書の内容に不備などが確認された場合、ビジネスローンの審査をクリアできる可能性は低いでしょう。

 

ビジネスローンの審査の担保・保証人

ビジネスローンの審査の担保・保証人

ビジネスローンの審査が他のローンの審査と比較して甘いと思われている要因のひとつは、担保と保証人が必要ないということではないでしょうか。

 

つまり、友人や親族などに迷惑をかけることがありませんし、土地や建物などの不動産を持っていない経営者でもビジネスローンを利用することができるというわけです。

 

ちなみに、銀行が経営者を対象に販売しているローン商品は担保および保証人が必要となっていますので、銀行のローン審査と比較するとビジネスローンの審査は甘いと言えるかもしれません。

 

なお、消費者金融などが販売しているカードローンも、担保と保証人不要で利用することができます。

 

ビジネスローンの審査の年齢制限

ビジネスローンの審査の年齢制限

ビジネスローンの審査を受けるためには、ビジネスローンが定めている年齢制限をクリアしていなければなりません。

 

とはいえ、ほとんどの経営者は年齢制限の条件を満たしていると思われますので、特に気にする必要はないでしょう。

 

ちなみに、ほとんどのビジネスローンの審査では年齢制限を満20歳から満69歳としています。

 

審査申込者の年齢については運転免許証などの本人証明書類などで確認されますので、虚偽の年齢でビジネスローンの審査に申し込まないようしましょう。

 

ビジネスローンの審査のメリット・デメリット

ビジネスローンの審査のメリット・デメリット

上記でも説明していますように、他のローン商品の審査と比較して甘いと言われがちなビジネスローンですが、当然のことながら条件を満たしていなければ審査を通過することはできません。

 

ビジネスローンの審査は甘いと勘違いすることなく、条件を満たしていることが必須ということを頭に入れたうえで審査に申し込みしてください。

 

では、ビジネスローンの審査にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

以下でビジネスローンの審査におけるメリットとデメリットをわかりやすくお伝えしていきたいと思いますので、事業資金の融資を受けたいと考えている方がぜひチェックしていただければと思います。

 

ビジネスローンの審査のメリット
他のローン審査と比較して審査時間が短い

他のローン審査と比較して審査時間が短い

他のローン審査と比較した場合、ビジネスローンの審査におけるメリットとして審査時間が短いということが挙げられます。

 

当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」の中で紹介しているビジネスローンの審査時間は最短60分から3日です。

 

特にオリックスVIPローンカード BUSINESSの審査時間は最短60分と非常に短いです。

 

一方、他のローン審査、たとえば自動車ローンの審査の場合、結果が分かるまで2週間から1カ月程度かかってしまうこともあります。

 

審査時間が短いということは、それだけ早く資金を融資してもらえるということにつながりますので、ビジネスローンならスピーディーなビジネス展開をサポートしてくれるでしょう。

 

ただし、ビジネスローン審査に必要な書類が揃っていない、もしくは記載内容に不備などがあった場合、審査結果が分かるまで長い時間がかかってしまうことがあるため、書類はしっかり確認したうえで提出してください。

 

他のローン審査と比較して用意しなければならない書類が少ない

他のローン審査と比較して用意しなければならない書類が少ない

ビジネスローンの審査のメリットとして考えられるのが、他のローン審査と比較して用意しなければならない書類が少ないということではないでしょうか。

 

ビジネスローンの審査に必要な書類は、個人事業主の場合は運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類、および確定申告書2年分、法人の場合は代表者の本人確認書類、および陶器事項証明書、決算書2期分のみとなっています。

 

一方、たとえば自動車ローンであれば、運転免許証やパスコート、個人番号カードなどの本人確認書類、確定申告書や納税証明書などの年収確認書類に加え、請求書や注文書などの資金使途確認書類も用意しなければなりません。

 

用意する書類が少ないということは、それだけ労力を節約することができますので、他のローン審査と比較するとビジネスローン審査のほうがより気軽に申し込みすることができるでしょう。

 

インターネットからの審査申し込みに対応している

インターネットからの審査申し込みに対応している

ビジネスローン審査のメリットとして挙げたいのが、インターネットからの申し込みにも対応しているということです。

 

インターネットに接続できる端末であれば、パソコンはもちろんスマートフォンや携帯電話、タブレットなどからでも審査に申し込みすることができます。

 

一方、ローン審査によってはインターネットからの審査申し込みに対応しておらず、わざわざ店舗まで出向かなければならないものもありますので、気軽に審査に申し込みすることは難しいかもしれません。

 

また、インターネットから審査に申し込みできるということは、誰とも顔を合わせずに済むということを意味します。

 

中には事業用資金の融資を受けることを周りに知られたくないという事業主の方もいらっしゃると思いますが、そのような方にとってインターネットからの申し込みに対応しているビジネスローン審査は心強い味方となってくれるでしょう。

 

ただし、ビジネスローン審査によってはインターネットからの申し込みに対応していない場合がありますので、事前にご確認ください。

 

担保と保証人を原則用意する必要がない

担保と保証人を原則用意する必要がない

ビジネスローンの審査に申し込みする際、原則的に担保と保証人を用意する必要はありません。

 

一方、他のローン審査、たとえば不動産ローンでは保証人は不要ですが、土地や建物などの不動産を担保として用意する必要があります。

 

その点を比較すると、ビジネスローンの審査のほうがより気軽に申し込みできるといっても過言ではないでしょう。

 

ただし、法人としてビジネスローン審査に申し込みする場合は代表者の保証が必要になります。

 

ビジネスローンの審査のデメリット
個人情報の漏えいリスクを伴う

個人情報の漏えいリスクを伴う

ビジネスローンの審査に限ったことではありませんが、ビジネスローン審査はインターネットからの申し込みにも対応しているということもあり、個人情報の漏えいリスクが常に付きまとうと思っておいたほうが良いかもしれません。

 

ご存知かと思いますが、インターネットが普及するに伴い、ハッキングなどによる個人情報流出の問題が大きく取り上げられるようになりました。

 

個人情報漏えいのリスクが完全になくなるのは難しいと思われますので、そのリスクはやはり承知しておくべきでしょう。

 

ビジネスローンの人気ランキング


一緒に読みたい記事

ネット銀行のビジネスローン審査と比較
金融業者のビジネスローン審査とネット銀行のビジネスローン審査を比較し、どのような違いがあるのか分かりやすく説明しています。
銀行の事業者用ローンの審査と比べる
銀行のビジネスローンと金融業者のビジネスローン審査を比較し、それぞれのビジネスローン審査の違いについてまとめています。
ビジネスローンとフリーローンの審査の違いとは
ビジネスローンとフリーローンの審査を比較した場合、提出しなければならない書類に違いがあることが分かります。
事業用ローンのネット審査と店頭審査を比較
ビジネスローンの審査にはインターネットと店頭から申し込むことができますが、両者の特徴を比較するとインターネットからの審査申し込みのほうが利便性が高いことが分かります。
ビジネスローンと消費者金融の審査を比較
ビジネスローンの審査と消費者金融が販売するビジネスローン以外のローンの審査を比較し、違いを説明しています。