ビジネスローンとリフォームローンの金利を比較

ビジネスローンとリフォームローンの金利を比較

社屋をリフォームしたいと考えている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ビジネスローンは基本的に事業用の資金であればいかなる用途にも用いることができますので、社屋のリフォームにもお役立ていただけるでしょう。

 

一方で、リフォーム専用として販売されているリフォームローンを利用するという方法もあります。

 

では、ビジネスローンとリフォームローンを比較した場合、どちらのより多くのメリットがあるのでしょうか?

 

以下でビジネスローンとリフォームローンの金利を比較し、それぞれの特徴をまとめていますので、ご参考ください。

リフォームのみであればリフォームローンが有利

リフォームのみであればリフォームローンが有利

リフォームローンはリフォーム関連の資金にだけ利用することができるローンであり、ビジネスローンと比較すると金利が非常に低いという特徴があります。

 

低金利で利用できるということは、利息負担の軽減をもたらしてくれますので、会社の成績に悪影響を及ぼすリスクを軽くすることができるでしょう。

 

また、リフォームローンは主に銀行が販売していますが、特定の条件を満たしていればさらに金利を引き下げてもらえることもあります。

リフォームローンのメリット

ビジネスローンと比較した場合、上記で説明しましたように、リフォームローンは金利が低いというメリットがあります。

 

これは非常に大きなメリットと言えそうですが、その他にもリフォームローンの融資可能金額は大きいなど、さまざまなメリットがありますので、リフォームにのみ使用するのであればビジネスローンよりリフォームローンがおすすめです。

リフォームローンのデメリット

ビジネスローンと比較して、リフォームローンにはリフォーム関連の資金にしか利用できないというデメリットがあります。

 

一方、ビジネスローンはリフォーム関連の資金はもちろん、事業用資金であればどんなことにでも使うことができますので、会社にとっては非常に融通性の高いローン商品といえるでしょう。

 

また、リフォームローンには審査が厳しいというデメリットもあります。

 

当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント3」でもたびたび説明していますが、ビジネスローンの審査はそれほど厳しくないとされており、リフォームローンの審査と比較すると通りやすいかもしれません。

 

また、変動金利制を採用しているリフォームローンの場合、経済情勢などによって利息金額が高くなってしまう可能性があるというデメリットもありますので、その点を踏まえておかなければなりません。


一緒に読みたい記事

ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較
ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較・検証しています。自動車ローンは事業用の自動車購入にも利用することが可能です。
事業用ローンと住宅ローンの金利にはどんな違いが?
ビジネスローンと住宅ローンを比較した場合、住宅ローンには金利が低いというメリットがある一方で、住宅関連の費用にしか利用できないというデメリットがあります。
ビジネスローンとカードローンの利息を比べる
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、両者に大きな差はありません。したがって、その他の条件を見てどちらに大きなメリットがあるのか比較することが大切です。
ビジネスローンとフラット35の利回りを比較
ビジネストーンとフラット35の金利を比較するとフラット35の金利のほうが圧倒的に低いのですが、ビジネスローンと比較すると大きなデメリットがあります。
事業用ローンと教育ローンの金利と違いを比較
ビジネスローンと比較すると教育ローンは金利が低いというメリットがありますが、審査が厳しく、使用制限があるというデメリットもあります。
ビジネスローンとカードローンの金利を徹底比較
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、それほど大きな違いはありません。ここではビジネスローンとカードローンの違いと共通点を見ていきましょう。