ビジネスローンと教育ローンの金利を比較

ビジネスローンと教育ローンの金利を比較

ビジネスを展開しているうえで、教育ローンが必要となるケースはほとんどありません。

 

教育ローンとは、塾や学校など教育に必要な資金として利用することができるローンであり、事業とはほとんど関係ないといえるでしょう。

 

しかしながら、事業においても教育が必要となるケースがあります。

 

たとえば、従業員に何かしらのスキルを身につけさせるために専門教育を受けてもらうケースもあるかもしれません。

 

その場合、ビジネスローンはもちろん教育ローンも利用できる可能性があります。

 

では、ビジネスローンと教育ローンを比較すると、どちらに多くのメリットがあるのでしょうか。

 

以下でビジネスローンと教育ローンの金利を比較し、それぞれのメリットとデメリットを解説していますので、ぜひお役立てください。

 

従業員の教育目的なら教育ローンが有利

従業員の教育目的なら教育ローンが有利

従業員の教育のみを目的にしているのであれば、ビジネスローンより教育ローンを利用したほうが良いでしょう。

 

なぜなら、ビジネスローンの金利と教育ローンの金利を比較すると教育ローンの金利のほうが圧倒的に低く、利息の金額を安く抑えることが可能なためです。

 

長い目で見るとかなりの利息負担軽減につながりますので、従業員の教育目的であれば教育ローンの利用をおすすめします。

 

教育ローンのメリット

教育ローンのメリット

教育ローンのメリットは、ビジネスローンと比較して金利が低いということです。

 

上記でも説明していますように、金利が低いということは利息の金額を安く抑えることができますので、健全な会社運営に一役買ってくれるでしょう。

 

また、すべての教育ローンが当てはまっているというわけではありませんが、ビジネスローンと比較すると教育ローンの最高融資額は高いというメリットもあります。

 

教育ローンのデメリット

教育ローンのデメリット

教育ローンのデメリットは、ビジネスローンと比較して使用目的が教育関連にのみ限定されているということです。

 

したがって、その他の事業用資金として利用することができませんので、ビジネスローンと比較すると使用の制限は大きいといえるでしょう。

 

また、教育ローンの審査は非常に厳しいというデメリットもあります。

 

教育ローンによっては学生のみを対象としている場合があるため、教育ローンを利用するのであれば事前に審査条件などをチェックしておいてください。

 

ちなみに、ビジネスローンは従業員の教育目的はもちろん、事業目的の資金であればどんな用途にでも使用することができます。

 

ビジネスローンを従業員の教育目的に利用しても良い?

ビジネスローンを従業員の教育目的に利用しても良い?

ビジネスローンは事業に関連することがであれば、どんなことにでも利用することができます。

 

そのため、会社として従業員のステップアップを狙うためであれば、ビジネスローンで借りたお金を従業員の教育目的に使用することもできるでしょう。

 

たとえば、従業員に経理に対する知識をより高めてもらいたい場合、対象となる従業員に経理関連の講義などを受けさせることもあるかもしれません。

 

このような場合はビジネスローンを利用できる可能性があります。

 

以下ではビジネスローンを教育ローンのように用いるメリットとデメリットを解説したいと思いますので、ぜひチェックしてください。

 

ビジネスローンを従業員教育用資金に用いるメリット
ビジネスローンの審査は早い

ビジネスローンの審査は早い

ビジネスローンの審査は、早ければ当日中に結果が分かります。

 

一方で教育ローンの審査は結果が分かるまで時間がかかることがあるようです。

 

たとえば、日本政策金融公庫が取り扱っている教育ローンの場合、審査の結果が分かるまで10日前後かかってしまいますので、従業員の教育用資金を今すぐ用意しなければならないというときにはあまり向かないかもしれません。

 

そのため、従業員の教育用資金を今すぐ用意しなければならない場合は、教育ローンよりビジネスローンの審査に申し込みしたほうが良いでしょう。

 

ビジネスローンの使用用途は幅広い

ビジネスローンの使用用途は幅広い

教育ローンは、教育関連の資金にのみ利用することができます。

 

つまり、教育ローンで借りたお金を従業員への給与支払いなどに用いることはできないのです。

 

一方、ビジネスローンであれば、ビジネスに関することであれば従業員の教育用資金として利用できますし、もちろん従業員への給与支払いなどさまざまな用途に使用することができます。

 

そのため、借りたいお金をビジネス用資金としてより幅広く使用したいのであれば、教育ローンよりビジネスローンを選んだほうが良いでしょう。

 

ビジネスローンの最大融資額は大きい

ビジネスローンの最大融資額は大きい

ビジネスローンと教育ローンの最大融資額を比較してみると、平均的にはビジネスローンの最大融資額のほうが大きいようです。

 

たとえば、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」のなかで紹介しているオリックスVIPローンカード BUSINESS(ビジネス)の最大融資額は1000万円となっています。

 

一方、日本政策金融公庫が販売している教育ローンの最大融資額は350万円(ひとりあたり)となっていますので、従業員への教育目的としてまとまった資金が必要であれば、教育ローンよりビジネスローンを選んだほうが良いかもしれません。

 

ビジネスローンならすぐに融資してもらえる

ビジネスローンならすぐに融資してもらえる

前述していますように、教育ローンの審査は結果が出るまで時間がかかってしまいます。

 

教育ローンの販売元にもよりますが、日本政策金融公庫が販売している教育ローンの場合、審査結果の連絡は申し込み後10日前後とされているのですが、融資してもらえるまでさらに時間がかかるということを知っておかなければなりません。

 

日本政策金融公庫の教育ローンに申し込みし、実際に融資を受けられるまで20日程度かかってしまいますので、すぐに教育用資金を用意することはできないでしょう。

 

一方、ビジネスローンの審査は早く、多くのビジネスローンが即日審査に対応しています。

 

さらに、その日のうちに融資を受けることも可能ですので、急ぎで資金を用意しなければならない際には高い利便性を発揮してくれるでしょう。

 

ビジネスローンなら担保・保証人は原則不要

ビジネスローンなら担保・保証人は原則不要

ビジネスローンは、基本的に担保と保証人不要で融資を受けることができます。

 

法人として利用する場合は代表者の保証が必要となりますが、個人事業主として融資を受ける場合は基本的に担保・保証人とも原則不要です。

 

一方、日本政策金融公庫が販売している教育ローンを利用する場合、連帯保証人を立てなければなりません。

 

また、連帯保証人を立てたくない場合は公益財団法人の保証期間を利用することができるのですが、その際は保証料を支払う必要があります。

 

その点を考えると、教育ローンよりビジネスローンのほうが良い気軽に利用できるといっても過言ではないでしょう。

 

ビジネスローンを従業員教育用資金に用いるデメリット
ビジネスローンの金利のほうが高い

ビジネスローンの金利のほうが高い

ビジネスローンを従業員の教育用資金として利用する場合、教育ローンと比較するとビジネスローンのほうが金利が高いということを知っておかなければなりません。

 

販売元によって差がありますが、たとえば日本政策金融公庫が販売している教育ローンの金利は年1.81%と非常に低いです。

 

一方、当サイトで紹介しているオリックスVIPローンカード BUSINESS(ビジネス)の金利は年6.0〜17.8%となっていますので、利息負担を抑えることができるのは明らかに日本政策金融公庫の教育ローンのほうでしょう。


一緒に読みたい記事

ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較
ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較・検証しています。自動車ローンは事業用の自動車購入にも利用することが可能です。
事業用ローンと住宅ローンの金利にはどんな違いが?
ビジネスローンと住宅ローンを比較した場合、住宅ローンには金利が低いというメリットがある一方で、住宅関連の費用にしか利用できないというデメリットがあります。
ビジネスローンとカードローンの利息を比べる
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、両者に大きな差はありません。したがって、その他の条件を見てどちらに大きなメリットがあるのか比較することが大切です。
ビジネスローンとフラット35の利回りを比較
ビジネストーンとフラット35の金利を比較するとフラット35の金利のほうが圧倒的に低いのですが、ビジネスローンと比較すると大きなデメリットがあります。
ビジネスローンとカードローンの金利を徹底比較
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、それほど大きな違いはありません。ここではビジネスローンとカードローンの違いと共通点を見ていきましょう。