ビジネスローンと住宅ローンの金利を比較

金利では自動車ローンが有利

事業者の多くは社屋を賃貸で利用しているケースが多いかと思いますが、長期的な視点から社屋を購入しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ビジネスローンを社屋の購入目的で利用することも可能とはいえ、住宅ローンとビジネスローンの金利などを比較し、どちらが有利なのか考えなければなりません。

 

ここではビジネスローンと住宅ローンの金利を比較し、それぞれのメリットとデメリットについて徹底分析してみましたので、社屋の購入を検討している事業者の方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

社屋の購入目的なら住宅ローンが有利

社屋の購入目的なら住宅ローンが有利

ビジネスローンは基本的に事業関連用の資金であればどんな目的にでも使用することができますが、住宅ローンと比較すると金利が高いというデメリットがあります。

 

したがって、社屋を購入するためにローンを組むのであれば、ビジネスローンより住宅ローンのほうが有利といえるでしょう。

 

なお、ビジネスローンと比較すると住宅ローンの金利のほうが圧倒的に低くなっていますので、利息負担を大幅に軽減し、経営のリスク低下につなげることが可能です。

 

住宅ローンのメリット

住宅ローンのメリット

ビジネスローンと比較した場合、上記でもお伝えしていますように、住宅ローンは金利が非常に低いというメリットがあります。

 

また、ビジネスローンと比較して返済期限が長めに設定されている、融資額が大きいなど多くのメリットがありますので、社屋を建てる目的で利用するのであれば、ビジネスローンより住宅ローンのほうが圧倒的に有利です。

 

住宅ローンのデメリット

住宅ローンのデメリット

ビジネスローンと比較して、住宅ローンのデメリットとしてあげたいのが、審査が厳しいということです。

 

住宅ローンの審査を受ける際には保証人などを用意しなければならないうえ、住宅ローンの審査基準はここ最近でさらに厳しくなってきていると言われています。

 

また、希望する融資額を借りられないケースも多々あるようですので、事前に立てた計画通りにはいかないかもしれません。

 

なお、ビジネスローンと比較した場合、住宅ローンには住宅関連の費用にしか利用できないというデメリットもあります。

 

ビジネスローンは事業に関連することであればどんな用途にでも使用することができますので、利便性はビジネスローンのほうが高いといえるでしょう。

 

とはいえ、社屋の建設には住宅ローンを、その他の事業用資金にはビジネスローンを使用することがベストな選択です。

 

ビジネスローンを事業用の不動産購入に利用しても良い?

ビジネスローンを事業用の不動産購入に利用しても良い?

ビジネスローンで融資してもらったお金は、事業用目的であれば基本的にいかなる用途にも使用することができます。

 

もちろん、事業用であればビジネスローンを不動産の購入に利用することも可能です。

 

事業を営んでいると、土地や建物などの購入が必要となることがあるかもしれませんが、そのような場合は住宅ローンと合わせてビジネスローンも検討すると良いかもしれません。

 

以下ではビジネスローンで不動産を購入するメリットとデメリットについて説明していますので、参考にしていただければと思います。

 

ビジネスローンで不動産を購入するメリット
ビジネスローンなら不動産の購入以外にも使用できる

ビジネスローンなら不動産の購入以外にも使用できる

事業を営んでいれば、土地や建物など不動産の購入だけでなく、さまざまな用途に資金が必要になります。

 

たとえば、従業員への賃金支払いであったり、新しいパートナーと契約するために必要な資金であったり、さまざまなケースで資金が必要となりますが、住宅ローンは土地や建物など不動産の購入にのみ使用できるローンであり、従業員への賃金支払いなどに使用することはできません。

 

一方、ビジネスローンであれば不動産の購入はもちろん、従業員への賃金支払いなど事業に関することであればどんなことにでも使用することができますので、より幅広く事業に役立てることができるでしょう。

 

返済をひとつにまとめることができる

返済をひとつにまとめることができる

事業用の土地や建物を住宅ローンで、その他の事業用資金をビジネスローンで借りるとなると、当然のことながら毎月の返済日は二日に分かれてしまいます。

 

そのため、返済手続きに手を煩わせてしまうこともあるでしょうし、場合によっては返済日をうっかり忘れてしまうということもあるでしょう。

 

返済日を忘れ、期日までに定められた金額を返済できなかった場合、通常の利息とは別に遅延損害金を支払わなければなりません

 

つまり、余計な支出が増加してしまい、場合によってはそれが事業の健全な運営を圧迫してしまう可能性もありますので、やはり返済日は1日にまとまっていたほうが良いです。

 

前述していますように、ビジネスローンは土地や建物など不動産の購入にも利用することができるため、返済日は毎月1日のみとなります。

 

これにより返済期日を忘れてしまうというリスクを軽減することができますので、余計な支出が発生することもなくなるでしょう。

 

住宅ローンの審査を比較して通りやすい

住宅ローンの審査を比較して通りやすい

住宅ローンの審査は非常に厳しいことで知られています。

 

住宅ローンの審査を通過するためには一定以上の収益をあげていることが条件になりますし、その他にもさまざまな条件をクリアしていなければなりません。

 

一方、ビジネスローンの審査は住宅ローンの審査と比較して通りやすいと言われています。

 

住宅ローンと比較して用意しなければならない書類も少ないですので、負担を抑えることができるでしょう。

 

ビジネスローンなら担保と保証人が原則不要

ビジネスローンなら担保と保証人が原則不要

ビジネスローンは、担保と保証人は原則不要です。

 

一方、住宅ローンは担保と保証人を必ず用意しなければなりません。

 

つまり、担保と保証人を用意できない事業者の方の場合は、ビジネスローンを利用することができないのです。

 

その点を考えると、ビジネスローンのほうがより気軽に利用しやすいと言えるでしょう。

 

ビジネスローンで不動産を購入するデメリット
住宅ローンと比較すると金利が高い

住宅ローンと比較すると金利が高い

ビジネスローンで土地や建物などの不動産を購入するデメリットは、住宅ローンと比較して金利が高いということです。

 

金利が高ければ、毎月支払う利息額が高くなってしまいます。

 

融資額によっては毎月の利息額に大きな差が出てしまう場合もありますし、トータルで考えるとビジネスローンのほうが圧倒的に支払い金額が大きくなってしまいますので、ビジネスを営むうえでは大きなデメリットと言わざるを得ません。

 

ビジネスローンの融資額では足りない場合もある

ビジネスローンの融資額では足りない場合もある

事業に必要な土地や建物などの不動産を購入するとなると、場合によっては数千万円ものまとまった資金が必要になることもあるでしょう。

 

ビジネスローンはまとまった事業用資金を貸してくれますが、ほとんどのビジネスローンは最大融資額を500万円から1000万円程度としていますので、不動産の購入には足りない場合もあります。

 

また、ビジネスローンを不動産の購入以外にも利用することもあるため、不動産購入には圧倒的に足りないケースも多いはずです。

 

したがって、不動産購入にビジネスローンを利用するのであれば、その不動産の価格を事前に調べておくことが求められるでしょう。

 

住宅ローンより返済期間が短い

住宅ローンより返済期間が短い

ビジネスローンの返済期間は、住宅ローンの返済期間と比較すると非常に短いです。

 

つまり、ビジネスローンを不動産の購入に利用した場合、毎月の返済額が大きくなってしまう可能性があります。

 

それがビジネスの円滑な運営を妨げてしまうおそれもありますので、不動産をビジネスローンで購入する前に毎月の返済金額がいくらになるのか事前に計算しておくことが必要になるでしょう。


一緒に読みたい記事

ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較
ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較・検証しています。自動車ローンは事業用の自動車購入にも利用することが可能です。
ビジネスローンとカードローンの利息を比べる
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、両者に大きな差はありません。したがって、その他の条件を見てどちらに大きなメリットがあるのか比較することが大切です。
ビジネスローンとフラット35の利回りを比較
ビジネストーンとフラット35の金利を比較するとフラット35の金利のほうが圧倒的に低いのですが、ビジネスローンと比較すると大きなデメリットがあります。
事業用ローンと教育ローンの金利と違いを比較
ビジネスローンと比較すると教育ローンは金利が低いというメリットがありますが、審査が厳しく、使用制限があるというデメリットもあります。
ビジネスローンとリフォームローンの利息を比べる
ビジネスローンとリフォームローンの金利を比較すると、リフォームローンの金利のほうが低いです。一方、ビジネスローンにはリフォームを含む事業すべてに利用できるというメリットがあります。
ビジネスローンとカードローンの金利を徹底比較
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、それほど大きな違いはありません。ここではビジネスローンとカードローンの違いと共通点を見ていきましょう。