ビジネスローンとフラット35の金利を比較

ビジネスローンとフラット35の金利を比較

ビジネスローンとフラット35の金利を比較すると、フラット35のほうが圧倒的に金利が低いということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

フラット35とは、簡単に言うと民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して販売している長期固定金利の住宅ローンのことです。

 

事業用物件を購入するためにフラット35を利用することもできますが、金利面で比較するとビジネスローンよりフラット35のほうが圧倒的に有利な条件で利用できると見て良いでしょう。

 

ただ、ビジネスローンと比較した場合、フラット35にはメリットもあればデメリットもありますので、以下で確認していただければと思います。

 

フラット35のメリット

フラット35のメリット

ビジネスローンとフラット35を比較した場合、フラット35には金利が圧倒的に低いというメリットがあります。

 

それゆえに、事業用物件を購入した後の返済負担を軽くすることができますので、健全な会社運営に一役買ってくれるでしょう。

 

また、一般的な住宅ローンと比較してフラット35は固定金利制を導入しているため、利息金額に変動がないという点も大きなメリットとして考えられます。

 

フラット35のデメリット

フラット35のデメリット

ビジネスローンとフラット35を比較した場合、金利では確かにフラット35のほうに大きなメリットがありますが、その他の点においてはフラット35のデメリットは大きいと言えるかもしれません。

 

フラット35の大きなデメリットとして挙げられるのは、利用条件が厳しいということです。

 

すべての事業者が利用できるわけではなく、「住宅部分が床面積の半分以上」などの条件が付随しており、さらにフラット35の適用対象となるのは住宅部分のみとなっていますので、純粋な事業目的としては利用できないということを認識しておいたほうが良いかもしれません。

 

ビジネスローンとフラット35、結局はどちらが良い?

ビジネスローンとフラット35、結局はどちらが良い?

ビジネスローンとフラット35を比較した場合、事業目的として利用するのであれば間違いなくビジネスローンを選んだほうが良いでしょう。

 

上記でも記載しましたように、フラット35には制限がありますし、何よりビジネスローンは事業目的の資金であればどんなことにも使用することができますので、融通性が高く、よりビジネスに活用することができます。

 

フラット35と比較すると金利が高いというデメリットこそあれど、ビジネス目的でのみ利用するのであれはビジネスローンを選んで間違いありません。

 

ビジネスローンを社屋建設費用に利用しても良い?

ビジネスローンを社屋建設費用に利用しても良い?

ビジネスローンは事業に関連するものであればどんな用途にでも利用することができますので、もちろん融資してもらったお金を社屋の建設費用に充てることも可能です。

 

ただ、ビジネスローンを社屋の建設費用などに利用する場合、ビジネスローンにどうようなメリットとデメリットがあるのか理解しておいたほうが良いでしょう。

 

以下でビジネスローンを社屋など不動産の購入費用に使用するメリットとデメリットを紹介したいと思いますので、ぜひチェックしていただければと思います。

 

ビジネスローンで社屋など不動産を購入するメリット
ビジネスローンは使用用途が幅広い

ビジネスローンは使用用途が幅広い

ビジネスローンで社屋などの不動産を購入するメリットは、不動産購入目的以外にも利用できるということでしょう。

 

フラット35はあくまで不動産関連用の資金としてのみ使用が認められています。

 

そのため、不動産以外のものを購入したり、従業員への給与支払いなどにフラット35を利用することはできません。

 

一方、ビジネスローンは不動産以外の購入や従業員への給与支払いはもちろん、事業に関係していることであればどんなものにでも使用することができますので、大変便利です。

 

フラット35と比較して審査が簡易

フラット35と比較して審査が簡易

フラット35の審査は非常に厳しいと言われています。

 

審査を受ける際には、たとえば土地付き住宅を購入するのであれば所得を証明する書類の他、納税証明書や確定申告書、住民票、印鑑証明書、健康保険証、本人確認書類、売買契約書、重要事項説明書、販売図面、確認済証、登記簿謄本、建物図面、実測図、地積測量図を用意しなければなりません。

 

これだけの書類を準備するためにはそれ相応の時間がかかってしまうでしょう。

 

一方、ビジネスローンで不動産を購入する場合、必要な書類は本人確認書類と確定申告書や決算書などの収入証明書類となっています。

 

フラット35と比較すると用意しなければならない書類は圧倒的に少なくなっていますので、労力を抑えることができるかもしれません。

 

また、フラット35を利用するためには担保を用意しなければなりませんが、ビジネスローンであれば担保を用意する必要がありません。

 

返済を一日にまとめることができる

返済を一日にまとめることができる

ビジネスローンは事業関連であればどんな用途にも使用することができます。

 

たとえば、ビジネスローンなら不動産の購入と従業員への給与支払いに同時に充てることが可能です。

 

一方、フラット35を利用する場合、不動産の購入はフラット35で、従業員への給与支払いは他のローン商品を利用することになりますので、返済日が分かれてしまいます。

 

ビジネスローンであれば返済日を1日にまとめることができますので、返済日をうっかり忘れて遅延損害金を支払うリスクを抑えることができるでしょう。

 

ビジネスローンで社屋など不動産を購入するデメリット
ビジネスローンは金利が高い

ビジネスローンは金利が高い

ビジネスローンとフラット35を比較した場合、やはり金利に大きな違いがあるということを知っておくべきです。

 

フラット35の金利は非常に低いため、利息負担を最大限抑えることができるでしょう。

 

利息負担が会社の経営負担になってしまうこともありますので、その点は十分注意すべきかもしれません。

 

ビジネスローンの金利は変動することがある

ビジネスローンの金利は変動することがある

フラット35は固定金利制を導入しています。

 

つまり、一度契約すれば基本的に同じ金利がずっと適用されることになりますので、利息の金額を計算しやすいでしょう。

 

一方、ビジネスローンのほとんどは途中で金利が変動してしまうことがあるため、場合によっては返済計画を立てた時より高い利息を支払わなければなくなることもあります。

 

ビジネスローンは最大融資額が少ない

ビジネスローンは最大融資額が少ない

ビジネスローンで融資してもらった金額だけで不動産を購入するのは難しいかもしれません。

 

なぜなら、ほとんどのビジネスローンの最大融資額は500万円から1000万円程度に設定されているためです。

 

ご存知のとおり、不動産を購入するとほとんどのケースで1000万円以上の資金が必要になります。

 

そのため、ビジネスローンで不動産を購入する場合、全額をビジネスローンだけでまかなうことはほぼ不可能と言えるかもしれません。

 

フラット35ほどサポートが充実していない

フラット35ほどサポートが充実していない

フラット35では、契約者をサポートするためにさまざまなサービスが導入されています。

 

たとえば、機構団体信用生命保険や3大疾病保障付機構団体信用生命保険を用意していてくれたり、返済方法の相談に乗ってくれたりするのですが、フラット35のサポートスタッフは金融に詳しい者となっていますので、より具体的なアドバイスを受けることができるでしょう。

 

ただし、最近では万全のサポート体制を用意しているビジネスローン業者も増えてきているようです。

 

フラット35と比較して返済期間が短い

フラット35と比較して返済期間が短い

ビジネスローン業者によって違いがありますが、ほとんどのビジネxスローンは返済期間を最長5年に設定しています。

 

つまり、融資してもらった金額は5年以内に全額返済しなければなりません。

 

一方、フラット35の返済期間は最長35年と非常に長く設定されています。

 

つまり、同じ金額を融資してもらう場合、毎月の返済負担額はビジネスローンのほうが圧倒的に大きくなってしまうというわけです。

 

したがって、毎月の返済負担を抑えたいのであれば、ビジネスローンよりフラット35を利用することをおすすめします。


一緒に読みたい記事

ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較
ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較・検証しています。自動車ローンは事業用の自動車購入にも利用することが可能です。
事業用ローンと住宅ローンの金利にはどんな違いが?
ビジネスローンと住宅ローンを比較した場合、住宅ローンには金利が低いというメリットがある一方で、住宅関連の費用にしか利用できないというデメリットがあります。
ビジネスローンとカードローンの利息を比べる
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、両者に大きな差はありません。したがって、その他の条件を見てどちらに大きなメリットがあるのか比較することが大切です。
事業用ローンと教育ローンの金利と違いを比較
ビジネスローンと比較すると教育ローンは金利が低いというメリットがありますが、審査が厳しく、使用制限があるというデメリットもあります。
ビジネスローンとカードローンの金利を徹底比較
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、それほど大きな違いはありません。ここではビジネスローンとカードローンの違いと共通点を見ていきましょう。