ビジネスローンとカードローンの金利を比較

ビジネスローンとカードローンの金利を比較

ビジネスローンは事業を営んでいる経営者を対象として販売されているローン商品であり、一方のカードローンは個人を対象として販売されているローン商品です。

 

ビジネスローンとカードローンの金利を比較してもそれほど大きな差はありませんので、基本的には事業用の資金融資に使用するのであればビジネスローンを、個人のショッピングなどを目的に使用するのであればカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

以下、ビジネスローンとカードローンを比較し、それぞれの違いと共通点についてお話したいと思います。

ビジネスローンとカードローンの違い

ビジネスローンとカードローンの違い

ビジネスローンとカードローンを比較した場合、上記でも説明していますように最も大きな違いはビジネスローンが事業用資金の使用に利用できるローンであり、カードローンが個人のショッピングなどに利用できるローンということです。

 

つまり、ビジネスローンを個人のショッピングなどに利用することはできませんし、カードローンを事業用の資金融資目的で利用することはできません

 

そのため、事業を展開している経営者の場合はビジネスローンを利用してください。

 

なお、カードローンによっては個人事業主を対象としているものもありますが、条件はビジネスローンとほぼ同じになります。

 

ちなみに、追加融資を受ける場合、多くのビジネスローンは10万円単位での融資としていますが、ほとんどのカードローンは1万円単位など少額から借りることが可能となっています。

 

そして大きな違いのひとつが、審査時に用意しなければならない書類でしょう。

 

どちらも本人確認ができる証明書が必要となっていますが、ビジネスローンの審査を受ける際には事業計画書など収益見通しが確認できる書類を提出しなければなりません。

 

また、ビジネスローンとカードローンを比較した場合、総量規制の違いもあります。

 

ビジネスローンは総量規制外の対象となっていますので、年収の3分の1以上の金額でも融資してもらえますが、カードローンは総量規制の対象であるため、年収の3分の1までしか借りることができません。

ビジネスローンとカードローンの共通点

ビジネスローンとカードローンの共通点は、保証人と担保なしで利用できるということです。

 

つまり、土地や建物などの不動産を所有していない方でも利用することができますので、これは大きなメリットといえるでしょう。

 

また、ビジネスローンとカードローンはどちらも審査時間が短いという共通点があります。


一緒に読みたい記事

ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較
ビジネスローンと自動車ローンの金利を比較・検証しています。自動車ローンは事業用の自動車購入にも利用することが可能です。
事業用ローンと住宅ローンの金利にはどんな違いが?
ビジネスローンと住宅ローンを比較した場合、住宅ローンには金利が低いというメリットがある一方で、住宅関連の費用にしか利用できないというデメリットがあります。
ビジネスローンとカードローンの利息を比べる
ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、両者に大きな差はありません。したがって、その他の条件を見てどちらに大きなメリットがあるのか比較することが大切です。
ビジネスローンとフラット35の利回りを比較
ビジネストーンとフラット35の金利を比較するとフラット35の金利のほうが圧倒的に低いのですが、ビジネスローンと比較すると大きなデメリットがあります。
事業用ローンと教育ローンの金利と違いを比較
ビジネスローンと比較すると教育ローンは金利が低いというメリットがありますが、審査が厳しく、使用制限があるというデメリットもあります。