ビジネスローンの金利を比較しよう

ビジネスローンの金利を比較しよう

ビジネスローンを比較するにおいて最も重視しなければならないのは、やはり金利でしょう。

 

もちろん、各ビジネスローンを比較し、最も金利が低いビジネスローンを選択することが重要です。

 

ビジネスローンの金利が高ければ高いほど返済時の利息負担が大きくなってしまいますし、金利が低ければ低いほど返済時の利息負担を軽く済ませることができるため、事業をスムーズに進めていくためにも各ビジネスローンの金利を比較し、少しでも金利が低いビジネスローンを選ぶように心がけてください。

 

ここではビジネスローンの金利を比較する際に注意しなければならないことをお伝えしたいと思いますので、ビジネスローンをお探しの事業主の方はぜひチェックしていただければと思います。

 

融資金額ごとに金利を比較

融資金額ごとに金利を比較

ビジネスローンの金利を比較する際には、ただ金利を比較すれば良いというわけではありません。

 

なぜなら、各業者のビジネスローンにおいては融資金額に応じた金利を設定しているためです。

 

したがって、事業でいくらくらいの資金の融資が必要なのかを事前に計算し、その金額におけるビジネスローンの金利を比較することが重要といえるでしょう。

 

たとえば、100万円の事業資金をビジネスローンで融通したいとお考えの場合、ビジネスローンAは100万円の融資額で金利8.0%、ビジネスローンBは100万円の融資額で金利7.8%に設定しているとします。

 

当然、ビジネスローンBを利用したほうが利息負担が軽くなりますので、事業にとっても有利となるわけです。

 

多くのビジネスローンは金利○○%〜○○%といった表記をしていますが、必ず事業資金に応じた金利を確認してください。

 

遅延損害金の金利を比較

遅延損害金の金利を比較

遅延損害金とは、期日までに返済できなかった場合に生じる利息と考えると良いでしょう。

 

遅延損害金は通常の金利より高く設定されているため、余計な支払いを増やさないためにも基本的には期日までに返済することがベストです。

 

しかしながら、どうしても期日までに返済できなかった場合は利息と別に遅延損害金の支払いが生じることとなりますので、各ビジネスローンの遅延損害金の金利も事前に比較することをおすすめします。

 

ちなみに、最近ではほとんどのビジネスローン業者が遅延損害金の金利を20.0%に設定していますが、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」のなかで紹介しているオリックスVIPローンカード BUSINESS(ビジネス)は他のビジネスローンと比較して低い19.9%の金利を適用しています。

 

金利以外のメリット・デメリットを比較

金利以外のメリット・デメリットを比較

ビジネスローンを利用するにおいて、各ビジネスローンの金利を比較することは非常に大切です。

 

しかしながら、金利だけでビジネスローンを選ぶのはあまりおすすめしません。

 

なぜなら、ビジネスローンによっては独自のサービスを提供するなど、金利以外にも多くのメリットが提供されている場合もあるためです。

 

また、各ビジネスローンを比較する際には、デメリットも比較したほうが良いでしょう。

 

たとえば、審査結果まで時間がかかるビジネスローンだと、急ぎで事業資金を集めることができないというデメリットがあります。

 

各ビジネスローンにはそれぞれメリットとデメリットがありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

返済方法を必ずチェックしましょう!

返済方法を必ずチェックしましょう!

金利を比較する際には、返済方法も必ず比較したほうが良いかもしれません。

 

返済方法によって返済期間に違いが生じますし、もし返済期間が長くなるのを余儀なくされるのであれば、余計な利息支払いを負担しなければならない場合があるためです。

 

ここではビジネスローン業者が用意している返済方法のメリットとデメリットを紹介したいと思いますので、ビジネスローン選びにお役立ていただければと思います。

 

1回払い

1回払い

1回払いはその名前の通り、融資してもらった事業資金を1回でまとめて返済する方法のことです。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」の中ではオリックスVIPローンカード BUSINESS(ビジネス)が1回払いの返済方法に対応しています。

 

1回払いのメリット

1回払いの最大のメリットは、やはり利息の支払負担を軽減できるということでしょう。

 

融資してもらった事業用資金を分割で返済する場合、返済するたびに利息を支払わなければなりません。

 

1回払いなら支払う利息は1回のみで済ませることができますので、経営に余裕があるときは1回払いで事業用資金を返済することをおすすめします。

 

1回払いのデメリット

1回払いのデメリットは、他のビジネスローンの返済方法と比較してほとんどないと言っても良いかもしれません。

 

強いて言うとするならば、1回払いの月のみ支払い負担が大きく、事業の運営を圧迫してしまう可能性があるということでしょうか。

 

とはいえ、利息負担を軽減できるということは非常に大きなメリットとなりますので、可能であれば1回払いで返済すると良いでしょう。

 

リボルビング払い

リボルビング払い

リボルビング払いとは、毎月一定の金額を返していく返済方法のことです。

 

当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」の中ではオリックスVIPローンカード BUSINESS(ビジネス)がリボルビング払いの返済方法に対応しています。

 

リボルビング払いのメリット

リボルビング払いの大きなメリットは、ビジネスローンの他の返済方法と比較して毎月の返済金額が一定であるため、返済計画を立てやすいということでしょう。

 

また、事業への影響を減らすことが出来るという点も、リボルビング払いの大きなメリット言えるかもしれません。

 

1回払いで返済できない、かつ毎月の返済負担を軽減したいという事業主の方には大変おすすめの返済方法となっています。

 

リボルビング払いのデメリット

リボルビング払いのデメリットは、利息金額が大きくなってしまう可能性があるということです。

 

返済期間によっては分割払いより利息金額が大きくなり、事業に影響をもたらしてしまう恐れがありますので、その点は注意したほうが良いかもしれません。

 

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済は、借入残高によって毎月の返済金額が変動する返済方法のことです。

 

当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」の中では、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」が借入時残高スライド元金定額リボルビング返済に対応しています。

 

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済のメリット

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済の最大のメリットは、やはり返済が進めば進むほど毎月の返済金額を低く抑えられるということでしょう。

 

融資してもらった後に事業が発展し、より大きな収益をあげることができるようになった場合、借入時残高スライド元金定額リボルビング返済なら他の返済方法と比較してよりたくさんの収益が手元に残ることになります。

 

ちなみに、毎月の返済金額は元金(借入残高によって変動)に利息をプラスした金額です。

 

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済のデメリット

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済のデメリットは、トータルで考えると支払い金額が増えてしまうということです。

 

返済期間が長引けば長引くほど支払利息金額が大きくなるため、その点は注意しておかなければなりません。

 

また、毎月の返済金額が一定ということもあり、ついつい事業用資金を借りすぎてしまうというデメリットも考えられます。

 

人気のビジネスローンをチェック


ビジネスローンの金利比較 関連記事一覧

 

ビジネスローンは事業用資金の融資目的で販売されているローンであり、マイカーの購入目的に利用することはできません。ただし、事業で使用するための自動車を購入するのであれば、ビジネスローンを利用することができます。では、事業用の自動車を購入するのであれば、ビジネスローンと自動車ローンどちらを利用したほうが良いのでしょうか。ここではビジネスローンと自動車ローンの金利を比較し、それぞれのメリットとデメリット...

 
 

事業者の多くは社屋を賃貸で利用しているケースが多いかと思いますが、長期的な視点から社屋を購入しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビジネスローンを社屋の購入目的で利用することも可能とはいえ、住宅ローンとビジネスローンの金利などを比較し、どちらが有利なのか考えなければなりません。ここではビジネスローンと住宅ローンの金利を比較し、それぞれのメリットとデメリットについて徹底分析してみま...

 
 

ビジネスローンとカードローンの金利を比較した場合、それぞれの金利にそれほど大きな差がないということがお分かりいただけると思います。したがって、事業用の資金として利用するのであればビジネスローンを、個人用の資金として利用するのであればカードローンを選択すると良いでしょう。ただ、最近では個人事業主でも利用できるカードローンも増えてきています。では、事業用として利用するのであれば、ビジネスローンとカード...

 
 

ビジネスローンとフラット35の金利を比較すると、フラット35のほうが圧倒的に金利が低いということがお分かりいただけるのではないでしょうか。フラット35とは、簡単に言うと民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して販売している長期固定金利の住宅ローンのことです。事業用物件を購入するためにフラット35を利用することもできますが、金利面で比較するとビジネスローンよりフラット35のほうが圧倒的に有利な条件で利...

 
 

ビジネスを展開しているうえで、教育ローンが必要となるケースはほとんどありません。教育ローンとは、塾や学校など教育に必要な資金として利用することができるローンであり、事業とはほとんど関係ないといえるでしょう。しかしながら、事業においても教育が必要となるケースがあります。たとえば、従業員に何かしらのスキルを身につけさせるために専門教育を受けてもらうケースもあるかもしれません。その場合、ビジネスローンは...

 
 

ビジネスローンは事業を営んでいる経営者を対象として販売されているローン商品であり、一方のカードローンは個人を対象として販売されているローン商品です。ビジネスローンとカードローンの金利を比較してもそれほど大きな差はありませんので、基本的には事業用の資金融資に使用するのであればビジネスローンを、個人のショッピングなどを目的に使用するのであればカードローンを選ぶと良いでしょう。以下、ビジネスローンとカー...