ビジネスローンの業者を比較 ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

ビジネスローンの業者を比較 ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は、他の業者のビジネスローンと比較して利便性に定評のあるビジネスローンです。

 

スモールビジネスローンを販売している会社は株式会社ビジネスパートナーとなっていますが、会社名を知らないという方も多いでしょう。

 

株式会社ビジネスパートナーは東証一部上場企業である株式会社光通信を親会社としていますので、安心して事業資金の融資に利用することができます。

 

では、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」には他の業者のビジネスローンと比較してどのような特徴があるのでしょうか?

 

以下で詳しく見ていきたいと思います。

 

来店不要ですべての手続きを完了させることができる

来店不要ですべての手続きを完了させることができる

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の大きな魅力は、来店不要ですべての手続きを完了させることができるということです。

 

つまり、インターネットに接続できる環境と端末さえあれば、審査の申し込みから契約手続きはもちろん、融資から返済手続きまですべてをインターネット上で完結させることができます。

 

もちろん、インターネットに接続できればパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからもビジネスパートナー「スモールビジネスローン」におけるすべての手続きをインターネット上で行うことが可能です。

 

会社を経営しているとなかなかまとまった時間を作るのが難しいかと思いますが、インターネットに完全対応しているビジネスパートナー「スモールビジネスローン」なら、忙しい経営者の方でも気軽に利用することができるでしょう。

 

なお、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」はフリーダイヤルでの電話サポートも行っており、何かトラブルが起きた時でも安心です。

 

事業資金であれば使用用途に制限なし

事業資金であれば使用用途に制限なし

他の業者のビジネスローンと比較してビジネスパートナー「スモールビジネスローン」が高い人気を誇っている理由として、事業資金であれば使用用途に制限がないということです。

 

従業員への給与支払いはもちろん、新規ビジネス開拓のための資金、ローン返済のための資金などとしても利用することができますので、利便性と融通性は非常に高いビジネスローンといえるでしょう。

 

最大500万円まで融資可能

最大500万円まで融資可能

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の魅力のひとつとして挙げたいのが、最大500万円まで融資してもらえるということです。

 

数百万円の事業資金が必要な時でも安心して利用することができますので、特に経営者にはおすすめのビジネスローンとなっています。

 

また、追加融資は10万円以上となっており、少額でも利用できる点もビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の大きな魅力のひとつです。

 

担保と保証人は原則不要

担保と保証人は原則不要

事業用の資金を融資してもらいたいけど、担保や保証人は用意したくないという事業主の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような事業主の方にも、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は大変おすすめのビジネスローンとなっています。

 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は原則的に担保と保証人を用意する必要なく事業用資金を融資してもらうことができますので、どなたでも気軽に利用することができるでしょう。

 

ただし、担保は必要ないのですが、法人としてビジネスパートナー「スモールビジネスローン」を契約する場合は代表者の連帯保証が必要となるため、その点はご注意ください。

 

ちなみに、個人事業主の方がビジネスパートナー「スモールビジネスローン」と契約する場合、担保および第三者保証人を用意する必要はありません。

 

余計な手数料が発生しない

余計な手数料が発生しない

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の大きな魅力のひとつとなっているのが、余計な手数料が発生しないということです。

 

たとえば、ビジネスローンによっては契約時などに事務手数料や返済を繰上げする際に手数料が発生する場合があるのですが、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」であればこれらの手数料は一切発生しません。

 

つまり、コストを最小限に抑えながら事業用資金を融資してもらうことができますので、よりリスクを抑えた事業運営が可能となるでしょう。

 

ただし、振り込み返済の際に発生する振り込み手数料はご自身の負担となります。

 

申し込み翌日には審査結果が分かる

申し込み翌日には審査結果が分かる

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は、一般的なビジネスローン業者と比較して審査結果が分かるのが早いという魅力もあります。

 

最近では多くのビジネスローン業者が審査結果を可能な限り早く伝えるようにしているようですが、審査結果の連絡まで1週間程度かかっているビジネスローン業者もあるようです。

 

審査結果が分かるまでの時間が長ければ長いほど、事業用資金の融資を受けられるまで待たされてることとなってしまいます。

 

事業を営んでいると、急に資金が必要となるケースも多々ありますので、融資を受けられるまで待たされてしまうということは事業において大きなデメリットとなってしまうでしょう。

 

その点、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」ならどなたでも安心して利用することができます。

 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の審査結果が伝えられるのは、原則的に申し込みのよく営業日となっていますので、急に事業用資金が必要になったときでも安心です。

 

ただし、すべての書類を提出し、内容に誤りなどがないことが条件となります。

 

書類が揃っていなかったり、記載した内容に誤りなどがあれば審査にかかる時間が長くなってしまい、融資を受けられるのが翌営業日以降になってしまう可能性がありますので、急いで事業用資金を借りたいのであれば必ず書類の中身を確認してください。

 

返済日を選べる

返済日を選べる

他のビジネスローン業者と比較してビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の魅力のひとつといえるのが、返済日を選べるということです。

 

ビジネスローンによっては返済日を毎月25日に固定しているところもあるようですが、もし事業に係る支払日が24日だと十分な資金がないときにビジネスローンの返済日を迎えてしまうことになります。

 

ビジネスローンの返済日に支払いが滞ってしまうと通用より高い金利が適用され、遅延損害金を別途支払わなければならなくなってしまいますので、余計な支払いを増やしてしまうことになるでしょう。

 

その点、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は事業を営む方にとって大変利便性が高いと言えそうです。

 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の返済日は毎月15日、もしくは月末となっており、このいずれかを選ぶことができますので、より便利に融資を受けることができます。

 

ただし、最近では多くのビジネスローンが返済方法のひとつに自動口座引き起こしを採用しているのと比較して、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の返済方法は銀行振り込みのみに対応しているという点をおさえておいたほうが良いかもしれません。

 

そのため、他のビジネスローンと比較するとビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は返済日をついつい忘れ、遅延損害金を支払わなければならなくなるリスクが高いと考えられますので、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」を利用する際は十分ご注意ください。

 

ちなみに、返済時の振り込み手数料については契約者側の負担となっています。

 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の概要

会社名

株式会社ビジネスパートナー

金利

9.98%〜18.0%

融資可能額

50万円〜500万円

対象

法人および個人事業主

担保・保証人

不要

返済方式

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済

遅延損害金

20.0%

審査時間

原則翌営業日まで

公式サイトはこちら


一緒に読みたい記事

ビジネスローンの業者を比較 オリックスVIPローンカード BUSINESS
オリックス・クレジット「オリックスVIPローンカード BUSINESS」が他の業者のビジネスローンより優れている3つのポイントを紹介しています。
ビジネクスト「ビジネスローン」
ビジネクスト「ビジネスローン」は他の業者のビジネスローンと比較して丁寧な対応に定評がある美自演スローンとなっています。