ビジネスローンを比較する時の3つのポイントとは?

ビジネスローンを比較する時の3つのポイントとは?

ビジネスローンとは、金融業者が法人や個人事業主を対象に販売しているローン商品のひとつです。

 

最近では多くの金融業者がビジネスローンの販売に乗り出しており、ビジネスローンで事業資金を融通している会社も多いと言われています。

 

ただ、どのビジネスローンを選んでも良いというわけではありません。

 

各ビジネスローンによって性質は異なっていますので、最も大切なのはご自身の会社の業態に合わせたビジネスローンを利用するということです。

 

したがって、ビジネスローンを利用する前に、まずは各金融業者のビジネスローンを比較することがポイントになります。

 

では、ビジネスローンを比較する際にはどのような点を重視すれば良いのでしょうか?

 

以下で具体例をあげて説明したいと思いますので、ぜひチェックしてください。

 

ビジネスローンの金利を比較

ビジネスローンの金利を比較

ビジネスローンを比較するにあたり、まず優先的に比較していただきたいのが、各ビジネスローンの金利です。

 

金利は返済時の利息額を決定するものですので、金利が低いビジネスローンを利用すれば、返済時の負担を軽くすることができます
逆に金利が高いビジネスローンを利用した場合、毎月の利息負担が大きくなってしまい、それが健全な財務体制を圧迫してしまう可能性もゼロではありません。

 

利息額が会社経営の足を引っ張ってしまう恐れもあるため、低金利のビジネスローンを選ぶということは非常に重要といえるでしょう。

 

ちなみに、当サイト「オリックスVIPローンカード BUSINESS」で紹介している各ビジネスローンは、業界屈指の低金利を実現していますので、安心してビジネスの運営にお役立てください。

 

ビジネスローンの融資限度額を比較

ビジネスローンの融資限度額を比較

ビジネスローンを比較する際にぜひチェックしていただきたいひとつが、各ビジネスローンの融資限度額です。

 

最近では高額融資にも対応しているビジネスローンが増えてきているようですが、ビジネスローンの融資額が高ければ高いほどより大きな事業に手を伸ばすチャンスが広がりますので、融資限度額が高いビジネスローンを選ぶに越したことはありません。

 

とはいえ、ほとんどのビジネスローンは融資限度額を500万円から1000万円程度としているため、比較するまでもないでしょう。

 

ただ、融資額が大きければ大きいほど金利が低くなるケースが多いため、事業用資金がいくら必要なのか事前に分かっているなら一度にまとめて融資を申し込みしたほうがよりお得にビジネスローンを利用することができるかもしれません。

 

ビジネスローンの審査時間を比較

ビジネスローンの審査時間を比較

法人や個人事業主として会社を経営していると、事業資金を急いで集めなければならないというケースに直面することがあります。

 

他のローン返済や従業員への賃金支払い、事業拡大のための契約金の支払いなど、緊急を要するケースに直面することが必ずありますが、審査時間が短いビジネスローンを選べば、事業資金をすぐに融資してもらうことができるでしょう。

 

したがって、各ビジネスローンの審査時間を比較するということも重要なポイントになります。

 

また、各ビジネスローンの審査時間を比較する際には、ぜひ審査結果連絡後から実際に融資を受けられるまでどれくらいの時間がかかるのかも比較しておいたほうが良いかもしれません。

 

ビジネスローンによっては審査結果の連絡をし、正式に契約が完了するのが翌営業日以降となるため、審査結果が分かってもすぐに融資を受けられない場合があります。

 

いそいで事業用資金を集めなければならない場合は、審査結果が分かったその日のうちに融資を受けられるビジネスローンを選んだほうが良いでしょう。

 

ビジネスローンのサービスを比較

ビジネスローンのサービスを比較

ビジネスローンを比較する際には、どのようなサービスが提供されているのかもチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

最近では他のビジネスローンとの差別化を図るため、独自のサービスを提供しているビジネスローンも見受けられます。

 

たとえば、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り上げているオリックスVIPローンカード BUSINESSが、契約者を対象に独自のサービスを提供しているビジネスローンのひとつです。

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSはオリックスグループが販売しているビジネスローンなのですが、契約すればオリックスグループが提携しているホテルに優待価格で宿泊できたり、レンタカーの基本料金が割り引きされたりなど、たくさんのお得なサービスを受けることができます。

 

このように、ビジネスローンによって嬉しいサービスがプラスされることもありますので、ぜひ各ビジネスローンのサービス内容を比較してみてください。

 

ビジネスローンの返済方法を比較

ビジネスローンの返済方法を比較

ビジネスローンを比較する際には、どのような返済方法が用意されているのかもチェックしておいたほうが良いかもしれません。

 

たとえば、口座引き落としの返済方法に対応していないビジネスローンを選んだ場合、毎月の返済日までにご自身で返済手続きを行う必要があります。

 

その場合、返済日をうっかり忘れてしまい、期日までに返済できないという可能性もなきにしもあらずですので、やはり口座引き落としの返済方法に対応しているビジネスローンを選んだほうが良いでしょう。

 

また、インターネットでの返済方法やコンビニATMでの返済方法にも対応しているビジネスローンを選ぶことを強くおすすめします。

 

なぜなら、インターネットやコンビニATMでの返済方法なら365日24時間いつでも都合の良いタイミングで返済することができますので、忙しい事業者の方でも安心です。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で紹介しているビジネスローンはすべてインターネットでの返済方法とコンビニATMでの返済方法にも対応しているため、どなたでも安心してご利用いただけるでしょう。

 

ビジネスローンのインターネット対応状況を比較

ビジネスローンのインターネット対応状況を比較

ビジネスローンをより便利に利用したいのであれば、ぜひインターネット対応状況も比較してください。

 

最近では多くのビジネスローンがインターネットを通して審査申し込みに対応していますが、インターネットに対応しているのは審査に申し込みのみであり、本契約を結ぶ際には郵送での書類契約、もしくはビジネスローン業者の店舗まで行かなければならないビジネスローンもあります。

 

ですので、ビジネスローンを比較する際にはインターネットで審査の申し込み手続きだけでなく、契約手続きから融資・返済まで対応しているかどうかを比較したほうが良いでしょう。

 

インターネットですべての手続きを行えるビジネスローンであれば、365日24時間いつでも事業用資金の融資手続きを行うことができます。

 

もちろん、インターネットに接続できるスマートフォンやフィーチャーフォン、タブレットなどをお持ちであれば、外出先でも手続きすることができますので、利便性が大幅に上昇すること間違いなしです。

 

ビジネスローンの遅延損害金を比較

ビジネスローンの遅延損害金を比較

ビジネスローンだけに限らず、融資を受けたら元本にプラスして利息を支払わなければなりません。

 

毎月定められた期日までに指定金額を返済しなければならないのですが、もし期日までに返済できなかった場合、利息とは別に遅延損害金を支払う必要があります。

 

遅延損害金は通常よりはるかに高い金利が設定されていますので、返済負担はより大きくなってしまうでしょう。

 

そのため、ビジネスローンに申し込みする前に各業者の遅延損害金の金利も比較しておいたほうが良いかもしれません。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り上げているオリックス・クレジット「オリックスVIPローンカード BUSINESS」における遅延損害金の金利は19.9%、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」とビジネクスト「ビジネスローン」における遅延損害金の金利は20.0%となっていますので、参考にしていただければと思います。

 

ビジネスローンの保証人・担保の有無を比較

ビジネスローンの保証人・担保の有無を比較

ビジネスローンを比較する際には、保証人および担保を用意する必要があるか否かもチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

ビジネスローンの利用に保証人が必要な場合、友人や親族などに頼むこととなりますが、返済できなかった時には保証人に取り立てがいってしまいますので、保証人になりたくないという方が多いのではないでしょうか。

 

保証人になるよう依頼することによって関係性にヒビが入ってしまう恐れがあるため、多くの方が保証人は立てなくないと思っているでしょう。

 

ビジネスローンによっては保証人不要で事業用資金の融資を提供しているところもありますので、保証人を立てたくないなら保証人不要のビジネスローンをお選びください。

 

ただし、法人としてビジネスローンを利用する場合、ほとんどのケースでは法人の代表者が保証人となる必要があります

 

また、ビジネスローンによっては担保を用意しなければならない場合があります。

 

担保としてお持ちの土地や建物など不動産を用意しなければならないのですが、事業を始めたばかりの時には土地や建物などの不動産を持っていないことも多いでしょう。

 

そのような方はぜひ担保なしで利用できるビジネスローンを選ぶことをおすすめします。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で紹介しているビジネスローンならいずれも担保不要で事業用資金の融資を受けることができます。

 

ビジネスローンの安全性を比較

ビジネスローンの安全性を比較

ビジネスローンを利用するうえでぜひ比較していただきたいのが、安全性です。

 

ひとことにビジネスローンといっても多くの業者が取り扱っていますので、すべて性質が異なります。

 

中には業者自体の安全性が疑われるケースもあるため、信頼できる業者が販売しているビジネスローンを選ぶべきでしょう。

 

なお、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り扱っているビジネスローンはいずれも大手の金融業者が販売していますので、どなたでも安心して利用することができます。

 

ビジネスローンのサポート体制を比較

ビジネスローンのサポート体制を比較

ビジネスローンを比較する際には、サポート体制の充実度も合わせてチェックしたほうが良いかもしれません。

 

事業を展開している方なら経験があるかもしれませんが、融資してもらった事業資金の返済計画変更を余儀なくされることがある場合もあります。

 

サポート体制が完備されているビジネスローンであれば、返済計画の変更などを気軽に相談することができますし、より円滑なビジネス展開を可能にしてくれるでしょう。

 

また、各ビジネスローン業者におけるサポート対応時間についても比較しておきたいところです。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で紹介しているビジネスローンはいずれもサポート体制を完備しており、金融のプロがさまざまな相談に乗ってくれますので、安心して事業用資金の融資を受けることができます。


ビジネスローンを利用するメリットは?デメリットは?

ビジネスローンを利用するメリットは?デメリットは?

事業用資金融資のために広く利用されているビジネスローンですが、ビジネスローンは事業主にとって大きな恩恵をもたらす可能性があるとともに、時には悪影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

 

では、ビジネスローンにはどのようなメリットとデメリットが存在するのでしょうか。

 

ここでは他のローン商品と比較し、ビジネスローンのメリットとデメリットを考察してみましたので、事業用資金の融資を検討している方はぜひチェックしていただければと思います。

 

ビジネスローンのメリット

事業用資金を早く融資してもらえる

事業用資金を早く融資してもらえる

ビジネスローンの最大のメリットは、やはり事業用資金を早く融資してもらえるということでしょう。

 

他のローン商品と比較してビジネスローンの審査時間は非常に短く、中には審査に申し込みしたその日のうちに審査結果を連絡してくれるビジネスローンもあります。

 

審査結果が早くわかるということは、それだけ早く正式に契約できるということを意味し、かつ契約後すぐに事業用資金を融資してもらうことができますので、緊急で事業用資金を用意しなければならないというケースにおいては大きな味方となってくれるに違いありません。

 

また、最近ではインターネットを通した融資や提携ATMでの事業用資金引き出しに対応しているビジネスローンも増えてきています。

 

それなら融資を申し込みしてすぐに事業用資金を手にすることができますので、より円滑な事業展開をサポートしてくれるでしょう。

 

ちなみに、当サイト「ビジネスローンを比較して借りる時のポイント」で取り扱っているビジネスローンは、業界最速クラスの審査時間を実現しているため、急ぎの方にも大変おすすめです。

 

担保と保証人が原則不要

担保と保証人が原則不要

ビジネスローンにおける大きなメリットのひとつが、担保と保証人は原則不要ということです。

 

つまり、土地や建物などの不動産を用意する必要はありませんし、親族や友人などに保証人になってもらうよう頼む必要もありません。

 

そのため、担保や保証人が必要な他のローン商品と比較すると、ビジネスローンはどなたでも利用しやすいローンと言っても過言ではないでしょう。

 

ただし、法人としてビジネスローンの融資を受ける場合、法人の代表者が保証人となることが求められます。

 

事業用資金なら使用用途を問われない

事業用資金なら使用用途を問われない

ビジネスローンで借りたお金は、事業目的であればどんなことにでも使用することができます。

 

たとえば、不動産ローンは土地や建物など不動産関連に、自動車ローンは自動車関連に使用用途が限られていますので、融通性は決して高くありません。

 

一方、ビジネスローンなら事業目的であれば不動産関連や自動車関連の購入費用にも使用することができるため、より幅広いシーンでお役立ていただけるでしょう。

 

ビジネスローンのデメリット

他のローンと比較して金利が高い

他のローンと比較して金利が高い

ビジネスローンのデメリットは、他のローン商品と比較して金利が高いということです。

 

つまり、他のローン商品と比較するとより多くの利息を支払わなければなりませんので、財務に与える影響は決して小さくないでしょう。

 

そのため、ビジネスローンを利用するのであればできるだけ低金利で販売されているものを選ぶべきです。

 

他のローンと比較して最大融資額が低い

他のローンと比較して金利が高い

ビジネスローンのデメリットのひとつが、最大融資額が他のローン商品と比較して決して高くないということです。

 

たとえば、土地や建物など不動産の購入する場合、1000万円以上の資金が必要になるケースが多いでしょう。

 

ほとんどのビジネスローンは最大融資額を500万円から1000万円としていますので、ビジネスローンだけで不動産を購入できない可能性があります。

 

一方、不動産ローンは数千万円の融資額を実現しているため、不動産の購入に十分な資金を揃えることが可能です。


ビジネスローンの比較ランキング

オリックス・クレジット「オリックスVIPローンカード BUSINESS」
オリックス・クレジット「オリックスVIPローンカード BUSINESS」
  • 即時振込サービスで365日24時間いつでも手数料無料で融資を受けることができるので、特に個人事業主に好評です。
  • ビジネスローン業界で最低クラスの金利となっていますので、利息負担を抑えたい方におすすめです。
金利 融資限度額 審査時間
6.0〜17.8% 最大500万円 最短60分

詳細はこちら

公式サイトはこちら

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
  • 来店不要で審査申込から融資・返済手続きができ、利便性が大変高いビジネスローンとなっています。
  • スモールビジネスローンの公式ホームページではローンシミュレーションサービスを無料提供中です。
金利 融資限度額 審査時間
9.98〜18.0% 最大500万円 原則翌営業日まで

詳細はこちら

公式サイトはこちら

ビジネクスト「ビジネスローン」
  • 最大1000万円まで融資を受けることができますので、大きな事業を狙う方におすすめのビジネスローンです。
  • 年会費や保証料は完全無料。事業資金であれば何にでも使用することができます。
金利 融資限度額 審査時間
8.0〜18.0 最大1000万円 最短即日融資可能

※申込時間帯などによっては最短即日融資に対応できない場合がありますので注意しましょう

詳細はこちら

公式サイトはこちら

 

比較ランキングNo.1!オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスVIPローンカード BUSINESS

オリックスVIPローンカード BUSINESSは、クレジットカードでお馴染みのオリックス・クレジット株式会社が経営者および個人事業主専用として販売しているビジネスローンです。

 

最近では入会金と年会費を完全無料で販売しているビジネスローンが増えてきているようですが、オリックスVIPローンカード BUSINESSももちろん入会金・年会費無料で利用することができます。

 

では、他のビジネスローンと比較してどのような魅力があるのでしょうか?

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSの最大の魅力は、何といっても金利の低さです。

 

6.0%〜17.8%という金利はビジネスローン業界最低クラスとなっていますので、利息の負担を減らすことが可能となっており、経営者および個人事業主の健全な会社運営にお役立ていただけるでしょう。

 

また、オリックス・クレジット株式会社が展開しているさまざまなサービスを会員優待価格で利用できるという点も、大きな魅力となっています。

 

ビジネスホテルやシティホテルの宿泊費、レンタカーの基本料金、ゴルフ場のプレイ料金などを優待価格で利用することができますので、ビジネスからプライベートまで幅広く活躍する一枚と言っても過言ではありません。

 

これからビジネスローンを利用するという経営者および個人事業主には、間違いなくおすすめの一枚です。

 

公式サイトはこちら